MENU

和紙ちぎり絵 作り方

和紙ちぎり絵 作り方 ~基礎~

案ずるより産むが易し、まずはチャレンジしてみましょう。ここでご紹介するのは ちぎり絵の基本の基。
作品によって様々な技法が必要となりますが、すべては基本手順の応用です。最初にしっかり 基本を身に着けておくと、スムーズに制作を進めることが出来ますよ。さあ、始めましょう!

動画で見る!和紙ちぎり絵作り方はこちら >>>  動画ページへ

① 材料を用意する

用意するもの

  • 和紙、色紙、図案、水消性チャコぺーパーまたは
    ちぎり絵キット(椿)   
  • ハケ、ピンセット、鉛筆、糊、小皿2枚(糊用・水用)
  • 糊台紙(カレンダー等、少し厚みのある白い紙)
  • ガーゼハンカチ(古タオル等でOK)

② 図案を写す

色紙(しきし)に図案を写しましょう

色紙に水消性チャコペーパー(以下チャコペーパー) をのせ、その上に図案を置きます。
鉛筆またはボールペン等で、図案をなぞります。

※チャコペーパー:片面のみインク付着

白い当て紙をはずすと少しペタペタしていると思いますので、そちらの面が色紙に当たるように置きます。
表裏が判りにくい場合は不要な紙の上に置いて軽くなぞってみてください。青い線がつけば、そちらがインク付着面です。

青い線は水をつけると消えますので、不要な場所に描いてしまっても心配しないで作業を続けましょう。
最後の仕上げの際に消しますので大丈夫です。

和紙に図案を写しましょう

和紙の上にチャコペーパー、図案の順にのせます。(チャコペーパーの表裏に注意)
ボカシ染めが生かされるように、和紙をよく確認して配置しましょう。

③ 和紙をちぎる

和紙をちぎりましょう

写した線を両手の親指と人差し指ではさむように持ち、左右に引っ張るような感じでちぎります。
慣れないうちは線の通りにちぎるのが難しいかもしれませんが、少し図案と違っても大丈夫です。
リラックスして、少しずつちぎってみてください。

ちぎった和紙を配置してみましょう

和紙を全てちぎったら、図案の上に置いてみましょう。
形・大きさ・色等、全体のバランスを確かめます。気になる部分があれば、この段階で和紙をちぎり直しましょう。

④ 糊付け~貼る

糊をつけましょう

まず糊をつくりましょう。糊1に対して水4~5(目見当でよい)の割合で溶きます。
糊が濃いと和紙の風合いを十分に生かせませんので、この割合をよく覚えておきましょう。

ちぎり絵では、遠くのもの・奥のものから順に貼っていきます。
図案や見本写真で貼り順を確認したら、糊台紙の上にちぎった和紙を裏返して置き、ハケで全体に糊付けします。

和紙の両面に糊が浸み込むよう、しっかり糊付けしましょう。

貼ってみましょう

糊付けが出来たら、いよいよ色紙に貼ります。
糊台紙の上にのっている和紙をピンセットでそっと持ち上げ、もう片方の手を添えて表に返しましょう。

シワにならないよう丁寧に色紙に置き、乾いたガーゼのハンカチでしっかり押さえます。
この工程を繰り返し、全ての和紙を貼っていきましょう。

⑤ 仕上げをする

仕上げをしましょう

図案を写したときの青い線が残っていたら、水洗いしたハケで優しくなぞって消してください。
消えにくい場合は数回繰り返します。

完成です!

初めてのちぎり絵はお楽しみいただけましたか?
落款(印)をお持ちの方は、ぜひ押してみてください。
お持ちでない方は、お名前の頭文字など好みの文字を選び、その形を和紙(赤)に書いてハサミで切って貼ると、作品がグッと引き締まりますよ。お疲れさまでした!